昭和の名車 初代サバンナRX-7 ▶

MISHAスタイリストのおすすめポイント!

入念な仕上げとコーティングでオリジナルの輝きが蘇ります。

昭和のクルマは特に最新の注意を払って仕上げを行っています。

昭和の名車 初代サバンナRXー7 開発コードX605。

希少車 初代RXー7とは
1978年3月30日、サバンナ(輸出名RX-3)の後継機として、初代サバンナRX-7となるSA22C型サバンナRX-7が発表された。

エンジンは12A型水冷2ローターエンジンの自然吸気(NA)仕様を搭載していて、性能面では130ps/7,000rpm、最大トルク16.5kg・m/4,000rpm、パワーウェイトレシオ7.6~7.8kg/psであった。
オイルショックの影響を受け、REAPSと呼ばれる排気ガスを再燃焼させるサーマルリアクター方式を採用し、従来に比べて40%の燃費アップを達成した。
1979年には希薄燃焼型の12A型エンジンを搭載、サーマルリアクターは触媒に変更され、翌年に外観のマイナーチェンジでテールランプとフロントスカートのデザインを変更しcd値0.34を達成した。
ロータリー特有の高回転型エンジンとスポーツタイプの斬新なデザインが人気を博した。

MISHAから昭和レトロ満載の至極の一台をお届けします。
今回を逃すと次のチャンスはないかもしれません。

マツダ サバンナ RX-7 

1980年式 12A型 水冷 573cc×2ローター 最高出力130馬力 最大トルク16.0Kg・m 5速マニュアル 丸目2灯式リトラクタブルライト 実走行36,600km Rハッチダンパー交換済み 乗車定員4名 

日本のスポーツカーに新風を巻き起こした初代サバンナRX-7
ガラスハッチでワイド&ローにリトラクタブルライトを採用
エンジンは12A型ロータリーを採用した名車
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
本体価格 (税込)

396万円

支払総額 (税込)

435万円

  • 年式
    1980年
  • 排気量
    1,140cc
  • 走行距離
    36,500km
  • 車検
    なし
  • シロ
  • 修復歴
    無し
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像

MISHA(ミーシャ)車輌お問い合わせ

個人情報保護方針を確認

※MISHAでは海外への輸出及び販売は行っておりません。
※MISHAではオンラインでの商談にも対応しています。

人気動画